市場ニュース

戻る
2015年09月17日19時10分

【為替】欧州為替:ドル買い戻し一服、米債利回り低下などで


欧州株式市場で主要株価指数がまちまちとなるなか、ドル・円は買い戻し一服。東京市場終盤では120円98銭まで上昇したが、足元は120円80銭台で推移。米債利回りや米ダウ先物指数の時間外取引の値動きがやや下落方向にむかっていることが嫌気されているとみられる。


欧州市場で、ドル・円は120円81銭から120円94銭、ユーロ・ドルは1.1311ドルから1.1338ドル、ユーロ・円は136円70銭から137円09銭のレンジで推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均