市場ニュース

戻る
2015年09月17日11時08分

【市況】11時時点の日経平均は3日続伸、ダイキンやキーエンスは5%超の上昇


11時00分現在の日経平均株価は18310.87円(前日比139.27円高)で推移している。16日の米国市場ではダウ平均が140ドル高となった。8月消費者物価指数(CPI)が7ヶ月ぶりのマイナスとなり、明日結果発表の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが実施される可能性は低いとの見方が広がった。こうした流れを受けて、日経平均は190円高からスタートすると、一時18446.84円(同275.24円高)円まで上昇。買い一巡後は18400円水準で小動きが続いたが、上海株が下落していることもあり、足元で上げ幅を縮めてきている。

個別では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、KDDI<9433>、三菱UFJ<8306>、東電力<9501>などが堅調。ソニー<6758>やNTT<9432>が3%超上昇しているほか、ダイキン<6367>、キーエンス<6861>は5%を超える上昇に。また、モリテックス<7714>、ブレインパッド<3655>、リソー教育<4714>などが東証1部上昇率上位となっている。一方、みずほ<8411>が軟調なほか、任天堂<7974>やコマツ<6301>は2%超の下落に。また、アダストリア<2685>、NEXYZ<4346>、イトーキ<7972>などが東証1部下落率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均