市場ニュース

戻る
2015年09月16日18時49分

【経済】イエレンFRB議長は何処に?


 今日、明日開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で政策金利の引き上げが決定される公算は小さくなっている。市場関係者の間では9月に利上げが実施されなかった場合、年内の利上げはないとの見方が浮上している。今回のFOMC会合で利上げが決定された場合、市場は多少混乱するかもしれないが、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長による合理的な説明があれば、市場参加者は納得するだろう。

 なお、イエレン議長は先月下旬に開催されたジャクソンホールのシンポジウムや今月4-5日のG20会合に参加しなかった。8月下旬以降、どこかに雲隠れしているようだ。ジャクソンホールの経済シンポジウムに参加しないことは今年5月下旬時点でわかっていたが、G20をスキップした理由はよくわからない。

 イエレンFRB議長がG20に出席していれば、利上げに関する質問が集中したはず。しかしながら、欠席したので中国の経済問題に関心が集中し、中国が悪者扱いされた感じになった。イエレン議長は利上げに関して質問されることを嫌っており、表に出たくなかったのでは?との声が聞かれている。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均