市場ニュース

戻る
2015年09月16日14時11分

【経済】【訪日外客数】8月は前年同月比63.8%増の181万7100人、中国は2ヶ月連続で50万人台を記録


 


日本政府観光局(JNTO)が16日発表した2015年8月の訪日外客数は、前年同月比63.8%増の181万7100人だった。これまで8月として過去最高だった14年の111万人を70万8000人上回った。

夏休み・バカンスシーズンに向けた訪日旅行プロモーションが需要を喚起したほか、航空路線の拡大、クルーズ船の寄港増加、中東呼吸器症候群(MERS)による韓国からの旅行控えの解消が、数値を大きく伸ばす要因となった。単月としては15年7月の191万8400人に次ぐ歴代2番目。

市場別では中国、韓国、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録。また8月としては、13の市場で過去最高を記録した。なお、中国においては前年同月比133.1%増の59万人と2ヶ月連続で50万人台を記録した。なお、10月には国慶節もあることから、引き続き訪日プロモーションを推進していく。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均