市場ニュース

戻る
2015年09月16日13時00分

【市況】13時時点の日経平均は前日比105円高、ファーストリテが下げ幅を拡大


13時時点の日経平均は前日比105.00円高の18131.48円で推移している。ランチバスケットは10億円の売り越しとの観測。買い材料にかけることから日経平均は後場伸び悩んでおり、12時42分に本日の安値18095.76円をつけている。マザーズ指数は前日比1%超下落と下げ幅をじりじりと広げている。

セクターではゴム製品、輸送用機器、空運、機械、電気機器、非鉄金属、鉱業、ガラス土石、石油・石炭などが上昇している一方、電力・ガス、パルプ紙、小売、その他製品、医薬品が弱い。指数インパクトが大きい銘柄ではファーストリテ<9983>が下落率2.5%超まで下げ幅を広げている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均