市場ニュース

戻る
2015年09月16日10時48分

【経済】(中国)上海総合は続落でスタートもプラス圏を回復、3000pt辺りは底値との見方も


上海総合指数は続落でスタート。前日比0.24%安の2998.04ptで寄り付いた後、日本時間午前10時37分現在、前日比0.33%高の3014.99ptで推移している。最近の下落で値ごろ感が強まっているほか、3000ptあたりは底値に近いという見方が浮上。また、中国政府が一段の改革開放に踏み切るとの姿勢を示したことも好感されている。中国国家発展改革委員会(発改委)はこのほど、8カ所の「創新改革試験区」を新たに設立すると発表した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均