市場ニュース

戻る
2015年09月16日09時18分

【市況】日経平均は211円高でスタート、幅広い銘柄に買いが先行/寄り付き概況


日経平均 : 18238.15 (+211.67)
TOPIX  : 1479.65 (+17.41)

[寄り付き概況]

 日経平均は続伸で始まった。15日の米国市場ではNYダウが200ドル超の上昇となったほか、シカゴ日経225先物は大阪比250円高の18130円だった。これを受けて幅広い銘柄に買いが先行しており、日経平均はギャップ・アップから始まった。

 セクターではゴム製品、輸送用機器、非鉄金属、情報通信、ガラス土石、空運、鉱業、機械、電気機器、銀行などが堅調。一方でパルプ紙、電力ガスが利食い先行。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに上昇して始まっており、大型株指数の強さが目立つ。売買代金上位では、トヨタ<7203>、メガバンク3行、ファーストリテ<9983>、NTTドコモ<9437>、FFRI<3692>、ホンダ<7267>などが堅調。半面、トプコン<7732>、KDDI<9433>、東芝<6502>が小安い。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均