市場ニュース

戻る
2015年09月16日08時37分

【市況】16日の株式相場見通し=NYダウの大幅反発を好感し買い先行も上値重い

 16日の東京株式市場は、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が大幅反発したのを好感して買い先行でスタートするものの、一巡後は上値の重い展開が予想される。
 15日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比228.89ドル高の1万6599.85ドルと反発した。米8月の小売売上高が前月比0.2%増と堅調な結果となり、個人消費が牽引して景気拡大基調が続いているとの受け止めが広がり、買いが優勢となった。また、原油先物価格が上昇したことも買い支援材料となった。ナスダック総合株価指数は、前日比54.757ポイント高の4860.520と反発した。
 16日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=120円40銭台での推移となっている。
 日程面では、9月の金融経済月報、8月の訪日外国人客数、7月の用途別鋼材受注、14日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、FOMC(~17日)、米8月の消費者物価指数、OECDの世界経済中間評価が焦点になる。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均