市場ニュース

戻る
2015年09月15日16時26分

【特集】アーバネット Research Memo(8):中期的な利益成長に伴う増配余地は十分にある


■株主還元

アーバネットコーポレーション<3242>の剰余金配当は、配当性向30%(税効果会計による影響を除く)を目標としている。

2015年6月期は、期初予想を上回る大幅な増収増益となったことから前期比1.0円の増配となる年13.0円配(中間5.0円、期末8.0円)を実施した。また、2016年6月期についても、前期比1.0円の増配となる年14.0円配(中間7.0円、期末7.0円)を予定している。弊社では、同社の比較的安定した事業特性や収益基盤を踏まえ、中期的にも利益成長に伴う増配の余地は十分にあるとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均