市場ニュース

戻る
2015年09月15日10時35分

【材料】星光PMCが商い増勢で急伸、高業績変化と材料性足場に年初来高値視野

星光PMC 【日足】
多機能チャートへ
星光PMC 【日中足】

 星光PMC<4963>が商い増勢のなか急伸、高値1135円まで買われ、全体相場崩落前の8月21日につけた年初来高値1187円を視界にとらえてきた。製紙用薬品を手掛けるが、植物由来の軽量素材であるセルロースナノファイバー関連として、材料株特有の値運びの軽さが魅力。セルロースナノファイバーは政府も普及を後押しする構えにあり、そのなか同社はサンプル出荷を進捗させ、需要開拓に向けた下準備の段階にある。業績も好調、前期に買収した合成樹脂子会社の利益貢献に加え、印刷用インキ樹脂がアジア市場をとらえて好調に伸びており、15年12月期営業利益は前期比3.8倍の12億円を見込む。

星光PMCの株価は10時34分現在1090円(△90円)



出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均