市場ニュース

戻る
2015年09月15日10時32分

【材料】エニグモが大幅続落、広告費の増加などで中間期は4100万円の営業損失

エニグモ 【日足】
多機能チャートへ
エニグモ 【日中足】

 エニグモ<3665>が大幅続落。売り気配で始まり、安いところでは前日比69円安の916円まで売り込まれる場面があった。
 同社が昨日引け後に発表した16年1月期中間決算は、売上高が11億9800万円、営業損失が4100万円の赤字となった。
 セグメント別では、ソーシャルコマース事業に関しては、会員数が前年同四半期比30.2%増の256万7000人、商品総取扱高は同5.6%増の98億3076万8000円となったものの、TVコマーシャル等の広告宣伝費の増加により、セグメント利益は2192万6000円に留まる格好。また、メディア事業では、積極的な広告費および開発費への投資を進めていることから、5122万7000円のセグメント損失を計上している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均