市場ニュース

戻る
2015年09月15日10時00分

【市況】10時時点の日経平均は前日比347円高、NTTは切り返す(日銀会合内容の発表時刻一覧付き)


10時時点の日経平均は前日比347.72円高の18313.42円で推移している。米国株安にも関わらず、前日の下げに対する反動で日経平均は反発でスタート。寄付き後、年初来安値を更新したソフトバンクG<9984>、KDDI<9433>に買戻しが入るなど売り方の動きは活発化しているもよう。一部では日銀によるサプライズ緩和を期待する動きとの指摘も聞かれる。

規模別株価指数では大型株がしっかり。業種別では、全てのセクターが上昇するなか、保険、パルプ・紙、輸送用機器、ゴム製品、食料品などが強い。東証一部の売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、三菱UFJ<8306>、NTT<9432>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、村田製作<6981>、パナソニック<6752>が強い。一方、決算内容が嫌気された東芝<6502>は前日比5%の下げで年初来安値を更新している。

決定事項と結果発表の時間(市場に伝わった時間)

----
【2015年】
8月 7日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時18分
7月15日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時18分
6月19日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時04分
5月22日 現状維持(木内委員のみ反対)、11時49分
4月30日 現状維持(木内委員のみ反対)、13時04分(経済・物価情勢の展望レポートの公表)
4月 8日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時36分
3月17日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時04分
2月18日 現状維持(木内委員のみ反対)、11時49分
1月21日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時29分

【2014年】
12月19日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時28分
11月19日 現状維持(木内委員のみ反対)、12時24分
10月31日 「量的・質的金融緩和」の拡大実施(5対4)、13時44分(経済・物価情勢の展望レポートの公表)
10月07日 現状維持(全員一致)、13時54分(黒田総裁が国会出席のため88分中断)
9月04日 現状維持(全員一致)、12時07分
8月08日 現状維持(全員一致)、12時08分
7月15日 現状維持(全員一致)、11時58分
6月13日 現状維持(全員一致)、11時41分
5月21日 現状維持(全員一致)、11時41分
4月30日 現状維持(全員一致)、12時51分(経済・物価情勢の展望レポートの公表)
4月 8日 現状維持(全員一致)、11時50分
3月11日 現状維持(全員一致)、12時00分
2月18日 現状維持(全員一致)、「貸出増加支援制度の規模」、「成長基盤強化を支援するための資金供給」をそれぞれ2倍にし1年間延長、12時28分
1月22日 現状維持(全員一致)、12時20分
-----

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均