市場ニュース

戻る
2015年09月15日09時23分

【市況】日経平均は117円高でスタート、上げ幅拡大し一時200円超高/寄り付き概況


日経平均 : 18082.72 (+117.02)
TOPIX  : 1471.04 (+8.63)

[寄り付き概況]

 日経平均は反発で始まった。米国市場は下落となったが、シカゴ先物が底堅い動きをみせていることもあり、前日の下げに対する自律反発からのスタート。その後上げ幅を拡大し、一時200円超高に。セクターでは精密機器、水産農林、医薬品、陸運、ガラス土石、食料品、パルプ紙、倉庫運輸、化学、小売が上昇。半面、情報通信が本日も弱い値動きとなっている。その他、鉱業、証券、ゴム製品が小安く始まっている。規模別指数では大型株指数のみが下げており、中型、小型株指数はしっかりのスタートに。

 売買代金上位ではトヨタ<7203>、みずほ<8411>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、村田製<6981>が堅調。半面、KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>、東芝<6502>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、クルーズ<2138>、ソニー<6758>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均