市場ニュース

戻る
2015年09月14日10時45分

【為替】東京為替:ドルは120円60銭台で推移、この後は中国株の動向に注目か


ドル・円は小動き、120円65銭近辺でもみあい。日経平均株価は先週末比-50円前後で推移しており、やや弱含み。ただ、株価反転の期待は残されていることからリスク回避の円買いは増えていないようだ。この後は上海総合指数の動向が有力な手掛かり材料になるとみられている。ドルは120円49銭から120円84銭で推移。

米10年国債利回りは、2.21%近辺で推移。

ユーロ・ドルは底堅い動き、1.1329ドルから1.1359ドルで推移。

ユーロ・円はやや堅調推移、136円53銭から137円05銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価は小幅安
・上海総合指数の動向が手掛かり材料に

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均