市場ニュース

戻る
2015年09月14日10時18分

【為替】東京為替:ドルはもみあい、株安一服でリスク回避の円買い縮小も


ドル・円は小動き、120円70銭近辺でもみあい。日経平均株価は先週末比-31円前後で推移しており、下げ幅は縮小している。株価反転の期待は残されていることや上海総合指数の動向を点検したいとの理由でリスク回避の円買いは抑制されているようだ。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。ドルは120円49銭から120円84銭で推移。

米10年国債利回りは、2.21%近辺で推移。

ユーロ・ドルは底堅い動き、1.1329ドルから1.1359ドルで推移。

ユーロ・円はやや堅調推移、136円53銭から137円05銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価は小幅安
・上海総合指数の動向に注目

・NY原油先物(時間外取引):高値44.97ドル 安値44.75ドル 直近値44.84ドル

【要人発言】
・中国アリババ
「米バロンズ紙の記事、不正確な計算に基づいたもので事実誤認もある」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均