市場ニュース

戻る
2015年09月14日09時22分

【市況】日経平均は76円高でスタートも下げに転じる、下げ幅は一時100円超に/寄り付き概況


日経平均 : 18341.01 (+76.79)
TOPIX  : 1486.20 (+5.97)

[寄り付き概況]

 日経平均は反発で始まったが、その後下げに転じている。大阪225先物は18230円と、シカゴ225先物清算値(18090円)を大きく上回ってのスタートとなった。しかし、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>などが下げ幅を拡大させており、日経平均は下げに転じている。下げ幅は一時100円超に。

 セクターでは鉱業、情報通信、石油石炭、証券、銀行、非鉄金属などが冴えない。一方で、電力ガス、海運、医薬品、ガラス土石、倉庫運輸、繊維、金属、化学などがしっかり。売買代金上位ではソフトバンクG<9984>が4%超の下落となったほか、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソニー<6758>などが軟調。半面、東電<9501>、村田製<6981>、FFRI<3692>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均