市場ニュース

戻る
2015年09月11日23時21分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・蓮舫議員:公述人の公募がこの10年最多の95件


民主党の蓮舫議員は「来週予定されている参議院安保法案の中央公聴会。公述人の公募がこの10年最多の95件となった。かつ、全員が反対をご主張。これも、初めてとのこと。今日の審議でも何人もの質問者が撤回、廃案を求めるも、安倍総理はその都度はっきりと否定。」とツイート(9/11)。

安保法案は強行採決の流れとなっているが、公聴会での公述人が全員反対の立場であることから、強行採決に及んでも禍根を残すことは避けられない。政権支持率の低下につながるだけでなく、首相の求心力低下をもたらす可能性もある。株式市場への波及を警戒する必要がありそうだ。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均