市場ニュース

戻る
2015年09月11日16時06分

【為替】東京為替:ドルじり安、ダウ先物の上げ幅縮小で


上海総合指数が弱含むなか、ドル・円は売りがやや強まっている。足元では120円60銭付近で推移。米ダウ先物指数が時間外取引で上げ幅を縮小していることも、ドル買いを抑えている要因とみられる。目先は欧州株と米株先物、米10年債利回りを手がかりとする展開となろう。


ユーロ・ドルは1.1274ドルから1.1302ドル、ユーロ・円は135円98銭から136円44銭で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均