市場ニュース

戻る
2015年09月11日03時50分

【市況】NY原油:反発で45.92ドル、米国内生産量の減少やドル安で買い


NY原油は反発(NYMEX原油10月限終値:45.92↑1.77)。44.19ドルから46.04ドルまで上昇した。この日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)では、国内全体の在庫が予想を大きく上回る増加であった。しかし、国内生産(日量)が減少していたことが注目されたといわれ(前週比で8.3万バレル減の913.5万バレル)、原油の買い戻しが優勢になったもよう。


また、米国の7月卸売在庫、卸売売上高の予想外の減少を受けて、ドル売りが一段と強まっており(ユーロ・ドル一時1.1295ドルまで上昇)、割安感による買いも原油の押し上げにつながったとみられる。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均