市場ニュース

戻る
2015年09月10日13時09分

【材料】テラスカイが続急騰、日本郵便向けクラウドシステム納入実績あり関連銘柄として物色

テラスカイ 【日足】
多機能チャートへ
テラスカイ 【日中足】

 テラスカイ<3915>が一時ストップ高となった前日に続き、この日も一時、前日比2930円(20.7%)高に買われるなど連日の大幅高となっている。東京証券取引所がきょうにも日本郵政グループ3社の上場を承認するとみられていることから、日本郵便向けに大型クラウドシステム案件の納入実績がある同社も引き続き関連銘柄として人気化しているもよう。
 また、この日にはセールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce Lightning」に対応した画面やアプリケーションを手軽に作成できる世界初のクラウドサービス「SuPICE(スパイス)」を開発し、初期バージョンを12月から米国で提供開始すると発表しており、これも好材料視されているようだ。なお、日本国内向けには、初期バージョンを改良したうえで、来春の提供を予定しているという。

テラスカイの株価は13時1分現在1万6880円(△2710円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均