市場ニュース

戻る
2015年09月10日12時04分

【材料】東京建物が反落、欧州大手証券は「今後3年は我慢のとき」と解説

東建物 【日足】
多機能チャートへ
東建物 【日中足】

 東京建物<8804>が反落。売り優勢で始まり安いところでは前日比58円安の1404円まで値を崩す場面が見られた。
 欧州大手証券では、「資産効率と利益の質を高める経営方針は理解できる」としながらも、その努力が業績として確認できるには「時間が必要」と指摘。不動産開発では投資から利益の創出まで、リードタイムは少なくとも3年は必要とみていることから、「今後3年は我慢のとき」と解説。
 レーティング「アンダーパフォーム」を継続、目標株価を1300円から1100円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均