市場ニュース

戻る
2015年09月10日10時02分

【材料】マクドナルド---小反落、8月既存店売上高は19ヶ月ぶりプラス転換も反応は限定的

マクドナルド 【日足】
多機能チャートへ
マクドナルド 【日中足】


<2702> マクドナルド 2658 -5
小反落。8月既存店売上高は前年同月比2.8%増(7月は12.6%減)になったと発表している。前年同月比プラスは19ヶ月ぶりとなる。客単価は同6.3%増(7月は3.6%減)と14ヶ月ぶりのプラスとなった。一方、客数は同3.3%減(7月は9.3%減)と28ヶ月連続のマイナスだった。既存店売上高のプラス転換については、前年同月のハードルが下がっているうえ、事前に観測が伝わっていたこともあり、反応は限定的となっている。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均