市場ニュース

戻る
2015年09月10日07時11分

【市況】9日のNY市場は下落


NYDOW  : 16253.57 (-239.11)
NASDAQ  : 4756.53 (-55.40)
CME225  : 18215 (-365(大証比))

[NY市場データ]

 9日のNY市場は下落。ダウ平均は239.11ドル安の16253.57、ナスダックは55.40ポイント安の4756.53で取引を終了した。中国政府による財政政策強化の声明を受け、アジア・欧州株が全面高となった動きを受けて買いが先行。しかし16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて利上げに対する警戒感が強まる中、7月JOLT求人件数が過去最高となり、午後に入って下げ幅を拡大した。NY原油先物相場が一時4%近く下落したことも嫌気された。セクター別では全面安となり、特に家庭用品・パーソナル用品やエネルギーの下落が目立った。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比365円安の18215円。ADRの日本株は、日東電<6988>、京セラ<6971>、新日鉄住金<5401>、ファナック<6954>、旭化成<3407>など、対東証比較(1ドル120.48円換算)で全般軟調。
《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均