市場ニュース

戻る
2015年09月10日03時10分

【市況】NY金:続落で1102.00ドル、株高、ドル高、インド需要懸念で売り


NY金は続落(COMEX金12月限終値:1102.00↓19.00)。1119.60ドルから1100.10ドルまで下落した。9日の上海総合指数が続伸し、欧米でも引き続き株高になったことで、金の安全資産としての買い需要が後退し、売り優勢の展開が継続した(米株はその後反落)。


また、この日発表の米国の7月JOLT(求人労働移動調査)求人件数が大幅に増加したことで、ドル高になり、金の割高感が強まったこと。インドが経常赤字の縮小に向けて、金の輸入抑制策を検討していることも、売り材料になった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均