市場ニュース

戻る
2015年09月09日19時20分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・蓮舫議員:国会軽視そのものだ


民主党の蓮舫議員は「委員会はもはやどうでもいい、と。国民の声も聞かない、と。国会軽視そのものだ。」とツイート(9/9)。

報道によると、野党6党の幹事長などが9日午前に国会内で会談し、安全保障関連法案の採決強行は許されないとの見解で一致した。ただし、自民・公明の両党は16日に平和安全法制特別委で採決する方針を確認している。早ければ16日中に参院本会議で、可決・成立となる可能性がある。野党側が主張しているように流れは強行採決に向かっている。採決されても政権に対する世論は厳しくなることが予想されるため、株式市場に影響が及ぶことを警戒する必要がある。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均