市場ニュース

戻る
2015年09月09日18時15分

【市況】18時時点の日経平均先物は10円高の18590円、欧州主要株価指数は全般堅調


18時時点の日経平均先物は日中終値比10円高の18590円。ナイトセッション開始直後に18720円をつけていたが、その後は通常終値を挟んでの推移が続いている。通常取引では先物主導のインデックス売買のインパクトが大きく、ファーストリテ<9983>など指数構成銘柄の多くは引けが本日の高値となる銘柄が目立っていた。日経レバレッジのヘッジに伴う買いなども観測されており、ヘッジ一巡による反動安は想定内。一方で、欧州市場は軒並み上昇しているほか、GLOBEXのNYダウ先物は200ドル高程度を織り込んで推移している。楽観は出来ないが、押し目買い意欲は強そうだ。
《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均