市場ニュース

戻る
2015年09月09日14時41分

【為替】東京為替:ポンド・円は買い継続、三井住友海上による英損保買収の影響


日経平均株価の堅調地合いが続くなか、三井住友海上火災保険が前日発表した英損害保険大手アムリン買収の影響で、ポンド・円の買いが続いている。朝方の184円半ばから185円半ばまで上昇した。買収金額がアドバイザリー費用を含めると6400億円超で、相場への影響も大きいと米銀関係者は指摘する。


ここまで、ドル・円は119円88銭から120円45銭、ユーロ・円は134円35銭から134円74銭、ユーロ・ドルは1.1157ルから1.1215ドルのレンジ内で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均