市場ニュース

戻る
2015年09月09日09時25分

【市況】日経平均は331円高でスタート後急伸、18000円回復し一時664円高まで上昇/寄り付き概況


日経平均 : 17758.13 (+331.05)
TOPIX  : 1445.51 (+28.80)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅に反発。ギャップ・アップで17700円を回復して始まると、その後も上げ幅を広げ、節目の18000円を回復した。上げ幅は一時664円に。レイバーデーの祝日明けの米国市場では、NYダウが390ドル高となった。中国・上海指数が5日ぶりに反発となったほか、これを受けて欧州市場が軒並み上昇したことが好感された。

 幅広い銘柄が上昇して始まっており、セクターでは33業種全てが上昇。医薬品、石油石炭、ゴム製品、その他金融、電力ガス、鉱業の上昇率が4%を超えている。売買代金上位では、トヨタ<7203>、メガバンク3行やソフトバンクG<9984>、トプコン<7732>、ソニー<6758>、富士重<7270>、村田製<6981>、ファーストリテ<9983>などが上昇。一方で、ユニ・チャーム<8113>、MS&AD<8725>、東芝<6502>が小安い。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1800を超えており、全面高商状に。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均