市場ニュース

戻る
2015年09月09日03時47分

【市況】NY原油:続落で45.94ドル、米中の需要減退懸念などから売り優勢に


NY原油は続落(NYMEX原油10月限終値:45.94↓0.11)。44.52ドルまで下落した後、一時46.41ドルまで上昇した。中国の8月の原油輸入が減少したことや、米国ではレーバーデー(7日)を以って、夏場のドライブシーズンが終了との見方から、原油の需要減退懸念による売りが先行したもよう。


その後、中国株反発を受けた欧米株高に、いったん買い戻しになったとみられる。しかし、「オバマ米大統領が、イラン核合意の上院賛成票41票を確保し、不承認決議案を阻止できる見通し」との報道もあり、再び原油の売りが優勢になった可能性。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均