市場ニュース

戻る
2015年09月08日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):テラ、フィンテック、ビーマップ、ミサワなど

■テラ <2191>  829円  +45 円 (+5.7%) 特別買い気配   09:06現在
 7日に発表した「福島県立医科大で細胞ワクチン療法」が買い材料。
 樹状細胞ワクチン療法の技術・ノウハウを提供していた福島県立医科大学が胃がん、食道がん、肺がんを対象に先進医療として治療を開始。

■フィンテック <8789>  108円  -9 円 (-7.7%)  09:06現在
 7日に業績修正を発表。「今期経常を一転47%減益に下方修正」が嫌気された。
 フィンテック <8789> [東証M] が9月7日大引け後(18:50)に業績修正を発表。15年9月期の連結経常利益を従来予想の12億円→3.6億円(前期は6.8億円)に70.0%下方修正し、一転して47.4%減益見通しとなった。
  ⇒⇒フィンテックの詳しい業績推移表を見る

■ビーマップ <4316>  575円  +30 円 (+5.5%) 特別買い気配   09:06現在
 7日に発表した「MetaTVとガラポンTVが連携システム」が買い材料。
 ガラポンとテレビ情報検索システム「MetaTV」とテレビ全録機「ガラポンTV」の連携システムを共同開発し、営業を開始。「MetaTV」利用企業は、自社に関連する製品やサービスがテレビ番組で紹介された場合、紹介された内容を文字で知るだけでなく、番組映像も視聴して確認することができるようになる。1年で100社を営業目標とする。

■ミサワ <3169>  620円  -30 円 (-4.6%) 特別売り気配   09:06現在
 7日に決算を発表。「上期経常は67%減益で下振れ着地」が嫌気された。
 ミサワ <3169> が9月7日大引け後(16:00)に決算を発表。16年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益は前年同期比66.5%減の1.4億円に大きく落ち込み、従来予想の1.7億円を下回って着地。
  ⇒⇒ミサワの詳しい業績推移表を見る

■アイロムグループ <2372>  1,649円  +90 円 (+5.8%)  09:06現在
 7日に発表した「再生医療用ベクター製造施設建設へ」が買い材料。
 再生医療・遺伝子創薬に用いる臨床用ベクター製造を目的としたGMPベクター製造施設を建設する。

■システナ <2317>  1,052円  +52 円 (+5.2%)  09:06現在
 7日に発表した「1.81%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 7日、システナ <2317> が発行済み株式数(自社株を除く)の1.81%にあたる45万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は9月8日から12月31日まで。

■萩原工業 <7856>  1,814円  +88 円 (+5.1%)  09:06現在
 7日に決算を発表。「11-7月期(3Q累計)経常が17%増益で着地・5-7月期も44%増益」が好感された。
 萩原工業 <7856> が9月7日大引け後(15:00)に決算を発表。15年10月期第3四半期累計(14年11月-15年7月)の連結経常利益は前年同期比16.6%増の18.5億円に伸びたが、通期計画の25億円に対する進捗率は74.3%にとどまり、5年平均の77.7%も下回った。
  ⇒⇒萩原工業の詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均