市場ニュース

戻る
2015年09月07日16時09分

【特集】USS Research Memo(9):株主還元に積極的、上場来15期連続増配、配当性向45%以上


■株主還元策

ユー・エス・エス<4732>は株主還元に対して積極的な企業として評価されている。配当金に関しては上場来15期連続の増配を続けており、連結配当性向基準で45%以上を基本方針として掲げている。2016年3月期の1株当たり配当金は40.8円と前期比3.1円の増配を予定しており、個人安定株主の拡大を目的に株主優待制度も2015年3月期より拡充している。

なお、現在保有している自己株式(発行株数の約17%)に関しては、消却やM&Aでの活用を想定している。オートオークション市場における圧倒的な競争力を維持し、シェア拡大による成長余地が見込めるなかで、今後も高収益かつ安定配当成長銘柄として注目される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均