市場ニュース

戻る
2015年09月07日16時01分

【材料】日本ハウス、期首受注残高・期内受注高の減少に伴う完成工事高の減少が響き営業減益に

日本ハウス 【日足】
多機能チャートへ
日本ハウス 【日中足】

 日本ハウスホールディングス<1873>は7日引け後、2014年11月から2015年7月の9カ月累計決算を発表。連結売上高は前年同期比6.7%減の337億5100万円、営業利益は同54.5%減の7億1900万円となった。
 会社側では、主力の住宅事業に関して、「期首受注残高及び期内受注高の減少に伴う完成工事高の減少が響き、9.1%の減収、57.7%の営業減益になった」と報告。
 営業利益進捗率は、通期会社見通しに対して14.6%に留まっている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均