市場ニュース

戻る
2015年09月07日12時21分

【市況】一進一退の相場展開が続く/後場の投資戦略


日経平均 : 17727.90 (-64.26)
TOPIX  : 1435.39 (-9.14)

[後場の投資戦略]

 日経平均は直近安値水準での推移だが、前週末の終値を挟んでの一進一退の動きのほか、日中の値幅が500円を超えるなど、依然として不透明感の強い相場展開である。連休明けの上海市場が底堅く推移していることは安心感につながりそうだが、上海についても不透明感が強いだろう。先物主導によるインデックス売買に振らされやすい点は変わらず。資金の逃げ足は速いため、一方向に振れやすい点も引き続き注意する必要がありそうだ。

 リバウンドをみせている銘柄も、自律反発の域は脱しておらず、追随買いを入れづらい状況であろう。ソフトバンクグ<9984>が連日で年初来安値を更新していることも、投資家のセンチメントの悪化につながる。週末には先物・オプションSQを控えていることも手掛けづらくさせている。押し目拾いのスタンスを継続したい。(村瀬智一)
《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均