市場ニュース

戻る
2015年09月07日09時37分

【材料】ホットランドが続落、本則市場への市場変更と分割発表も売り出しによる需給悪化を嫌気

ホットランド 【日足】
多機能チャートへ
ホットランド 【日中足】

 ホットランド<3196>が続落。前週末4日の取引終了後、東京証券取引所の承認を得て、9月30日付で東証マザーズから東証1部、または2部市場に市場変更することになったと発表したが、同時に発表した売り出しによる需給悪化を警戒する売りが優勢となっている。市場変更に伴い、58万7400株の売り出しとオーバーアロットメントによる売り出し8万8000株を実施する。売出価額は9月14日から9月17日までの間のいずれかの日の終値に0.90~1.00を乗じた価格を仮条件とし、需要状況などを勘案したうえで決定する予定で、売出価額決定以降、市場区分が決定する。
 同時に、9月30日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表したがこれに対する反応は限定的だ。効力発生日は10月1日。

ホットランドの株価は9時32分現在564円(▼36円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均