市場ニュース

戻る
2015年09月07日06時58分

【市況】NY原油先物週間見通し:もみあいか、OPECの対応に期待も世界の株価にらみ


■NY原油先物
安値:43.21ドル
高値:49.33ドル
終値:46.05ドル
前週末比(騰落率):1.84%

■大幅高、OPECの減産含みと米生産推計の引き上げで

大幅高。石油輸出国機構(OPEC)が将来の減産の可能性を示唆し、米国が生産の推計を引き下げたことから強含み、2009年以来の安値圏から切り返す展開となった。ただ、堅調で推移したものの、アジアや欧米の株価が不安定な値動きだったことで、上値は抑えられた。


■もみあいか、OPECの対応に期待も世界の株価にらみ

想定レンジ:42.00~50.00ドル

もみあいか。OPECが「適正かつ妥当な価格」達成に向け原油輸出国との協議に動き出せば買い材料となろう。しかし、6年ぶり安値圏からの上昇ペースが速いため、積極的な買いが手控えられる可能性がある。また、欧米やアジアの株式市場で不安定な値動きが続けば買いは入りにくいとみられる。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均