市場ニュース

戻る
2015年09月04日16時10分

【特集】カドカワ・ドワ Research Memo(4):ユニークコンテンツをマルチメディア展開し収益を最大化


■強みと事業リスク

KADOKAWA・DWANGO<9468>の強みは、出版、映像分野で培った編集力、ユニークコンテンツをマルチメディア展開し収益を最大化させるノウハウ、高度なネットワーク技術から独自のネットワークサービスを生み出しリアルイベントと融合させるなど、ユニークなサービスの創出力を有することを挙げることができる。

事業のリスクは、現在最大の収益柱である書籍IP事業において、紙媒体の書籍市場が同社が想定する以上に急速に縮小することと、急拡大している電子書籍市場の伸びが鈍化し、同社が想定しているペースに届かない状況に陥る場合。加えて、今後の成長ドライバーと考えられるポータル事業において、新規参入により同社のシェアが低下するような事態が生じれば業績が低迷するマイナス要因として働く可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均