市場ニュース

戻る
2015年09月04日15時35分

【市況】日経平均は大幅反落、後場急落し8月安値を下回る/相場概況


日経平均は大幅反落。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁発言や堅調な米経済指標から3日の欧米株式市場が上昇した流れを受けて、日経平均は129円高でスタートしたが、寄り付きを高値にマイナスへと転じた。後場に入ると先物への売りや円高、NYダウ時間外先物の下落などで、買い手不在の状況のなか急落。一時17608.17円(前日比574.22円安)を付け、8月安値(17714.30円)を下回る場面があった。売り一巡後はショートカバーから下げ幅を縮めたが、終値でも2月以来約7ヶ月ぶりの安値水準となった。

大引けの日経平均は前日比390.23円安の17792.16円となった。東証1部の売買高は26億5258万株、売買代金は2兆6941億円だった。業種別では、その他金融業、保険業、情報・通信業、化学、電気機器が下落率上位だった。一方、電気・ガス業のみ小幅ながらプラスを確保した。

個別では、東電力<9501>が変わらずとなったほかは、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>など売買代金上位は全般軟調。一部証券会社がレーティングを引き下げたソフトバンクグ<9984>は4%安。キーエンス<6861>は5%を超える下げに。また、日駐<2353>、日金属<5491>、スクロール<8005>などが東証1部下落率上位となった。一方、前日決算発表したくら<2695>や、OBC<4733>、セイコーHD<8050>などが買われた。また、クボテック<7709>、マーベラス<7844>、三菱鉛筆<7976>などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均