市場ニュース

戻る
2015年09月04日14時48分

【材料】エプソンやマツダなど欧州関連株安い、ユーロ急落で業績悪化懸念

エプソン 【日足】
多機能チャートへ
エプソン 【日中足】

 セイコーエプソン<6724>やマツダ<7261>がともに年初来安値を更新するなど欧州関連株が安い。4日の東京為替市場でユーロは対円で一時、1ユーロ=132円50銭台に下落。4月末以来、約4カ月ぶりのユーロ安・円高水準をつけた。前日の欧州中央銀行(ECB)理事会で、ドラギ総裁がユーロ圏の量的緩和に関して16年9月の期限延長を示唆したことを受けユーロが急落した。このユーロ安を受け、欧州向け比率が高い日本企業には業績悪化要因となるとの見方から売りが膨らんでいる。

エプソンの株価は14時41分現在1827円(▼65円)
マツダの株価は14時41分現在1861.5円(▼53.5円)




出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均