市場ニュース

戻る
2015年09月04日13時01分

【市況】13時時点の日経平均は前日比345円安、マザーズ指数は前日比6%安


13時時点の日経平均は前日比345.08円安の17837.31円で推移している。ランチバスケットは小幅買い越しとの観測だったが、為替市場では、ドル・円が119円30銭台、ユーロ・円は132円70銭台と円高が進行。先物市場でも断続的な売りが入っていることなどから、日経平均は12時46分に17781.02円と後場一段安となっている。なお、マザーズ指数は前日比6%安で8月につけた年初来安値まで後4pに迫っている。

全市場の売買代金上位銘柄では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、JT<2914>、アルプス<6770>などが下落している。2部上場のラオックス<8202>が前日比7%超安ときつい下げ。また、マザーズのミクシィ<2121>は前日比5%マイナスとさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均