市場ニュース

戻る
2015年09月04日12時11分

【材料】セイコーHDが逆行高、欧州大手証券が新規買い推奨、目標株価を920円に設定

セイコーHD 【日足】
多機能チャートへ
セイコーHD 【日中足】

 セイコーホールディングス<8050>が逆行高。買い気配で始まり前日比20円高の685円で寄り付くと、その後も買いが優勢の流れ。一時703円まで買われ、高値圏で前場の取引を終了した。
 欧州大手証券では、「時計は国内のインバウンド需要が牽引し、高付加価値品を中心に販売が好調」と指摘。「海外は現在ブランド力を強化中、欧州では効果が出始めており、今後他地域での貢献に期待したい」として、課題事業のHDD部品/DSC用シャッタについては、「構造改革が進展、赤字脱却が見えてきた」と解説。
 バリュエーションは業界内で低水準にあることから、「株価にアップサイドが期待できる」と考え、レーティング「アウトパフォーム」でカバレッジを開始。目標株価を920円に設定している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均