市場ニュース

戻る
2015年09月03日16時33分

【特集】エイアンドティー Research Memo(2):血液検査に必要な製品に特化し、あらゆる製品を手掛ける


■事業概要

エイアンドティー<6722>は、血液検査に必要なあらゆる製品を開発・製造販売している。そのため、単一のセグメントとなっているが、商品は以下の4つの系列に分かれている。(1)「臨床検査機器システム」。これは血液検査を行う「検体検査装置」、検査で得られたデータをまとめ、管理し、分析しやすくするITシステム「臨床検査情報システム」、検査で使う複数の装置をベルトラインでつなげ、自動的に検査作業を行う「検体検査自動化システム」を一括りにした系列となる。(2)検査の際に使用する「臨床検査試薬」。(3)センサーや電極など検査装置の「消耗品」。(4)最後は「その他」。様々な機器を組み合わせてシステム化した場合に、他社製品を組み込むことがあるが、「その他」はその場合の他社製品の売上分となる。ちなみに、2014年12月期までは「その他」の売上高に「検体検査装置」のサービス、保守、修理代金とリース料を計上してきたが、2015年12月期からは「検体検査装置」の売上高に計上することになった。「臨床検査情報システム」と「検体検査自動化システム」に関するこれらの売上はすでに各システムの売上に計上されていることから、今後、「その他」の売上は純粋に他社製品の売上分がほとんどとなる。なお、検体検査装置、試薬、消耗品は創業当時からのビジネスであり、臨床検査情報システムと検体検査自動化システムは新規事業として後に事業化された。同社の事業を理解するために、以後はこれら製品系列別に分析を行う。

○特長
同社の特長を簡単に述べておきたい。

同社は医薬品と医療機器をすべて合わせた市場(約39兆円)のうちの血液検査という分野に絞って事業を展開している。足元では、同社の売上は約93%が国内であり、非常に安定した収益を確保できるビジネスモデルとなっている。その主な理由は以下のとおりである。

第1に市場規模が小さく、新規の参入余地が極めて狭い。血液検査の国内装置・試薬は約5,300億円程度で、非常にニッチな市場である。また、新規事業に位置付けられる臨床検査情報システムも市場規模も150億円、検体検査自動化システムも35?40億円の市場規模しかない。さらに、これら市場は人口減少でそれほど成長率が高くない半面、高齢化に伴い急激な縮小も起こらない。

第2に特殊な技術が必要であり、技術面での参入障壁も高い。一方、同社は電解質、グルコースの血液検査に必要なセンサーで他社に特に秀でた技術を持つ。製品も付加価値の高い高機能品が中心で、その面でも差別化ができている。業界に必要不可欠な会社と言える。第3に参入障壁が高い市場で秀でた技術力を持っているため、同業他社との提携による製品の相互供給も行える。そのうち、同業他社からの製品調達は利益を出しにくいという問題はあるものの、OEMは大きな収益源となっており、同業他社を通じても収益を伸ばせる立場にある。第4に機器やシステムを納入すれば、試薬や消耗品の販売、メンテナンスサービスといったビジネスが継続して収益貢献する。加えて、システムや機器の更新の際も継続して受注できる可能性が高い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均