市場ニュース

戻る
2015年09月03日14時34分

【市況】14時30分時点の日経平均は前日比131.07円高、引けターゲット350億円売り観測伝わり上げ幅縮小


14時30分時点の日経平均は前日比131.07円高の18226.47円で推移している。14時10分頃から先物市場ではやや売りが膨らんでいることから、日経平均は14時分に本日の安値をつけている。昨日の日経平均と225先物の終値が150円ほど乖離していたことで、現在、日経平均は100円超上昇しているが、225先物はマイナス圏で推移というネジレが生じている。

一部市場関係者は「引けターゲットで350億円の売り観測が出ている」と指摘。市場に伝わった時間とほぼ同じだったことから、思惑的な売りとの見方もできよう。大型株ではファーストリテ<9983>が下げ幅を拡大しているほか、三井住友<8316>などメガバンク3行がそろってマイナスに。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均