市場ニュース

戻る
2015年09月03日12時03分

【特集】<話題の焦点>=ネットフリックス上陸!、放送・通信への影響は?

 米国の動画配信最大手ネットフリックスが、今月からサービスを開始し日本上陸を果たした。

 ネットフリックスは、定額制の動画配信を手掛け、世界50カ国以上で約6500万人の会員を持つ。映画やドラマなどを定額で見放題としているほか、自社でのドラマ制作も行う。“放送と通信の融合”を進める同社は、日本でも放送や通信業界などに大きな影響を与える可能性があり“黒船襲来”とも形容されている。

 日本ではソフトバンクグループ<9984>と提携し事業展開。料金は月額650~1450円でサービスを行う。ソフトバンクには、動画配信サービス活用によるパケット使用量増加への期待がある。

 また、フジ・メディア・ホールディングス<4676>はネットフリックスと提携し、ドラマの先行配信サービスなどを視野に入れている。ビックカメラ<3048>はネットフリックス対応のプリペイドカードを販売する。

 一方、競合する動画配信サービスでは、日本テレビホールディングス<9404>が「Hulu」を展開。NTTドコモ<9437>やKDDI<9433>も同様に動画配信サービスを行っている。

 U-NEXT<9418>は日本最大級のビデオ・オンデマンドを展開しており、ネットフリックスとの競争も市場の関心を集める。

 テレビ局など放送業界にとっては、今後の業績への影響が注視されている。一方、映画会社の東宝<9602>などにはコンテンツ配給先の多様化で追い風となるとの声もある。

◆主な動画配信の関連銘柄

 銘柄<コード>       コメント

フジHD<4676>     ネットフリックスと提携。ドラマの先行配信も
WOWOW<4839>    「Hulu」に放送済みオリジナルドラマ提供
日テレHD<9404>    子会社が動画配信の「Hulu」展開
テレビ朝日HD<9409>  KDDIと動画配信事業で提携
U-NEXT<9418>   映画・ドラマなどの動画配信事業を手掛ける
KDDI<9433>     動画配信サービス「ビデオパス」を展開
NTTドコモ<9437>   動画配信サービス「dTV」を展開
ソフトバンク<9984>   ネットフリックスと提携し動画配信を推進


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均