市場ニュース

戻る
2015年09月03日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比315円高、ミネベア、トヨタ自が強い動き


10時時点の日経平均は前日比315.08円高の18410.48円で推移している。米国株の大幅反発を受けて東京市場は買い優勢で取引を開始。日経平均は9時10分には18481.57円と昨日高値18467.44円を上回る場面が見られた。昨日、TOPIXが相対的に弱かったが、本日はNT倍率が縮小するなどTOPIX型が強含む格好に。なお、先物市場では225先物の出来高が1.8万枚と前日比では商い減少。中国市場が休場となっていることで、足元の大きな売買要因が無くなることから積極的な売買は手控えられている。

売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、東京電力<9501>、NTT<9432>、東芝<6502>、JT<2914>、ミネベア<6479>、日産自<7201>の上昇が目立つ。一方、みずほ<8411>がマイナス推移とさえない動きとなっているほか、ファーストリテ<9983>は前日終値水準でのもみ合いに。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均