市場ニュース

戻る
2015年09月03日07時46分

【材料】オプティム---富士ゼロックスとの資本提携関係の強化を発表、年内の海外展開も視野に

オプティム 【日足】
多機能チャートへ
オプティム 【日中足】


オプティム<3694>は2日、富士ゼロックス(株)と資本提携関係を強化することを発表した。

同社は、富士ゼロックスと2009年12月に業務提携を行い、同社のMDM・PCマネジメントサービス「Optimal Biz」エンジン、リモート画面共有サービス「OptimalRemote」を富士ゼロックスに提供している。「Optimal Biz」は、ウェブブラウザー上から簡単にモバイル端末やPCを一括管理できるのが特長。富士ゼロックスが提供する「ITあんしんサービスパック」「IT監視運用サービス SaaSモデル」「モバイルあんしんマネジメントサービス」に「Optimal Biz」が提供されており、特にIT管理者を専門に置くことが難しい中小企業に好評を得ているようだ。

両社の資本関係は、2014年8月、第三者割当により同社15,290株割当を実施。今回、新たに1日に決議された同社株式の売出しにおいて、富士ゼロックスが更に同社株式12,500株を取得する。

同社は、資本関係をより強固なものにすることで、今後も様々なサービスにおいて相互に協力を深めていく。日本で大きな成功をおさめている「ITあんしんサービスパック」を中心に、年内に富士ゼロックスが展開する東アジア全域を対象とした海外展開も視野に入れつつ、同社の成長と発展につなげていきたい考え。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均