市場ニュース

戻る
2015年09月02日16時45分

【市況】マザーズ指数は大幅続落、日経平均に連れ値動きの荒い展開/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場は、欧米株安の流れを受けて売り先行でスタートした。その後は日経平均に連れて値を戻す場面も見られたが、大引けにかけて再度売られるなど値動きの荒い展開となった。一部の個別材料株に物色が集中する格好となった。なお、マザーズ指数は大幅続落、売買代金は概算で749.57億円。騰落数は、値上がり80銘柄、値下がり123銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、FFRI<3692>、PCIHD<3918>、サイバダイン<7779>、ACCESS<4813>、ジグソー<3914>などが軟調。公募増資を発表したSoseiG<4565>がストップ安となったほか、前日大幅高となったメタップス<6172>も一転、ストップ安まで売られる場面があった。一方、ミクシィ<2121>、VOYAGE<3688>、OTS<4564>、モルフォ<3653>、アイリッジ<3917>などが堅調。また、MRT<6034>、WSCOPE<6619>、DDS<3782>は10%を超える大幅上昇となった。
 なお、本日ベステラ<1433>、STUDIOU<3415>がマザーズ市場へ新規上場したが、ベステラは公開価格を25.0%上回る初値、STUDIOUは同19.9%上回る初値となった。ベステラは初値形成後ストップ高まで急伸した。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均