市場ニュース

戻る
2015年09月02日14時45分

【為替】東京為替:ドルは再び120円割れ、上海株のマイナス圏転落を受け


日経平均株価が前場に切り返した後伸び悩むなか、プラス圏に浮上した上海株はマイナス圏に転落。これを受けドル・円は円高方向に振れ、120円を割り込んだ。足元ではリスク回避のユーロ買いと円買いが観測され、ユーロ・ドルは底堅い値動きとなっている。


ここまで、ユーロ・ドルは1.1208ドルから1.1277ドルまで上昇。また、ユーロ・円は135円85銭から136円24銭のレンジ内で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均