市場ニュース

戻る
2015年09月02日13時58分

【市況】東方航空が急騰、米デルタが提携強化


4.01HKドル(+6.09%)=前引値

航空大手の中国東方航空(670/HK)は1日引け後、米デルタ航空と業務提携協議を結んだと報告した。コードシェア便の運航やプロモーション、空港設備の共有、VIPルーム投資、人材交流など各方面で協力関係を強化する方針だ。
東方航空は7月、デルタからの出資受け入れを発表。今回の業務提携協議は、出資の前提条件として結ばれた。東方航空はデルタに対し、新H株4億6591万株(増資後発行済み株式数の3.55%)を割り当てる。1株当たりの割当価格は7.49香港ドルで、東方航空は正味34億7400万香港ドル(約539億円)を調達する予定だ。

■企業紹介
東方航空は中国3大航空グループの一角を占める。10年1月に株式交換方式を通じ、上海航空の全株式を取得。経営統合によって上海路線のシェアを高め、北京路線に強い中国国際航空(753/HK)や広州路線大手の中国南方航空(1055/HK)との実力差を縮めた。上海虹橋空港、上海浦東空港での旅客シェアはそれぞれ47.3%、34.7%(14年)。10年には世界的な航空連合「スカイチーム」に加盟した。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均