市場ニュース

戻る
2015年09月02日13時01分

【市況】13時時点の日経平均は前日比269円高、ソフトバンクGが切り返す


13時時点の日経平均は前日比269.89円高の18435.58円で推移している。ランチバスケットは70億円の買い越しとの観測。上海総合指数が前引けにかけて一気に切り返したことなどから、日経平均は後場一段高となっている。昨日の東京時間で売り優勢となった米先物指数は、現在、前日比約+1%としっかり。なお、マザーズ指数は後場切り返している。

業種別では医薬品、陸運、空運、倉庫・運輸、情報・通信、食料品などが上昇している。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、メガバンク3行、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、NTT<9432>、富士重工<7270>などが引き続き堅調なほか、ソフトバンクG<9984>がプラスに転じている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均