市場ニュース

戻る
2015年09月02日09時33分

【材料】オプティムが急反発、東証1部または2部への市場変更を申請

オプティム 【日足】
多機能チャートへ
オプティム 【日中足】

 1日、オプティム <3694> [東証M]が東証1部または2部への市場変更を申請したと発表したことが買い材料。

 1部上場を睨んだTOPIX連動型ファンドの組み入れ需要を見越した先回り的な買いや、知名度の高まりや株式流動性の向上を期待する買いが向かった。

 同時に、同社の菅谷俊二社長による55万8500株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限5万5800株の売り出しを実施すると発表したが、特に売り材料視はされなかった。

 売り出し株数は最大61万4300株で発行済み株式数の約9.3%に相当する。売出価格は9月9日から14日までの期間に決定される。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均